ナナカマドとプラタナス

 

飯村博の仕事場

Invitation to H. Iimura's Laboratory

iimura693@s4.dion.ne.jp

 


飯村博: 1950年生、埼玉大学教育学部英語科より埼玉県立高等学校英語科教諭、2007年同退職、美術団体公募展一期会委員

 巻頭 もめ事があっても目くばせで済ませたりそもそも争わなかったりする世間。合理性に立脚して動くべき社会として日本は未成熟である。ということで、ちゃんと渡り合う世の中にしよう、まずロースクールを増設して弁護士を増やそう、ということになった。ところが、訴訟件数は伸びない。学生の司法試験合格率は低迷する。格好がつかない。弁護士が増えてしまった分がそのうち不景気風になって返ってくる。「今なら○○付き」の利息過払い問題相談業務。やっぱり業界不振だったんだ。不振は長いように見える。「もしあなたの夫が逮捕されたら」という誘い文句があった。この無理っぽい話を聞いたのはもう何年も前だ。(2017/10/13)